dari dari dari

アフガニスタン、ダリー語について

バーミヤンで自転車ロードレース開催(世界環境デー)

Band-e Amir National Park

David MarkによるPixabayからの画像
※バンデ・アミール国立公園の写真(のようです)

 

こんばんは。

6月5日(金)は世界環境デー(World Environment Day)でした。

この日を記念して、アフガニスタンのバーミヤン州で高速道路を使った自転車ロードレースが開催されたそうです。

 

 

バーミヤーン州の位置

バーミヤーン州はアフガニスタン中部の州です。
(以下地図の緑色の場所です。)

Bamyan

出典:https://d-maps.com/carte.php?num_car=25962&lang=en (編集は引用者)

 

 

バーミヤンについては、以前、冬季観光フェスティバルの話を紹介しました。

冬はスキーやカーリング、夏は自転車。
観光だけでなく、文化やスポーツにも力を入れている州のようです。

www.daridaridari.com

 

自転車ロードレースの概要

 

元記事はこちらです。

「世界環境デー記念してバーミヤンで自転車ロードレースの開催」

tolonews.com

 

 

شماری از دختران و پسران در ولایت بامیان، به‌مناسبت روز جهانی محیط زیست با بایسکل رکاب زدند.۱

مسؤولان در ولایت بامیان می‌گویند که این رقابت‌ ورزشی را ازبهر تشویق جوانان برای تقویت فرهنگ بایسکل‌رانی و حفظ محیط زیست راه اندازی کردند.۱

دوچرخه‌سواران مسیر «شیبرتو» الی دروازه پارک بند امیر را رکاب زدند.۱

در این مسابقات، بیست ورزشکار پسر و ده ورزشکار دختر شرکت کرده بودند.۱

 

バーミヤン州で多くの男女が世界環境デーを記念して自転車に乗った。

このスポーツ大会は、サイクリング文化と環境保護の推進に向けて若者を奨励するために始めたと、バーミヤン当局者は語った。

サイクリストたちは、「シェバルト」からゴールのバンデ・アミール公園の入口までの道のりをこいだ。

この競技には、男性20人と女性10人のアスリートが参加していた。

 (出典:「世界環境デー記念してバーミヤンで自転車ロードレースの開催」、1399年双子座月17日付TOLOニュース記事。和訳は引用者。)

 

比較的小規模な大会だったようですね。
写真を見る限り天気も良さそうで、絶好のレース日和だったのではないでしょうか。

 

پارک ملی بندامیر، ساحۀ منظره طبیعی شاه فولادی، ساحۀ پیشنهادی دره آجر، جهیل دره چاشت و کوه‌های بابا از جملۀ ساحات تاریخی و جذبه‌های گردشگری در بامیان استند.۱

سالانه هزاران گردشگر خارجی و داخلی به بامیان می‌روند و از این بخش‌ها دیدار می‌کنند.۱ 

 

バンデ・アミール国立公園、シャー・フーラーディー自然景観地区、アージャル渓谷のお勧めスポット、チャーシュト渓谷の湖とババ山脈は、バーミヤン州の史跡であり、観光地である。

毎年、国内外から数千人の観光客がバーミヤンに来て、こうした地地域を訪問している。

 (出典:同上。和訳は引用者。) 

 

バーミヤンにも観光スポットが沢山あるようですね。
数年後、数十年後、いつか行けるようになると良いなと思いながら、写真を眺めています。

今の世界の状況では、観光業自体が違う形態に移行していくのかもしれないと思うことがあります。

人が別の場所に移動しなくてもバーチャルでかなりリアルに体験できるようになるとか、味や匂い、気候(雨や風など)、バーチャル・ハグも伝えられるようになったりするとか。

(これは妄想です・・・・・・)

私が子どもの頃にはGoogle Earthなどもなかったことを考えると、思いもよらないことが現実になるのかもしれませんね。

 

今回の記事は、英語版の方に詳しく書かれていました。

・ロードレースに使用した高速道路は、バーミヤンとヤカーウラングを結ぶ高速道路だったこと。

・女性は20キロメートル、男性は30キロメートルのレースだった。

tolonews.com

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。
では。