dari dari dari

アフガニスタン、ダリー語について

ヘラート州で絹マスクの生産が始まる

silk tree

SchwoazeによるPixabayからの画像

 

こんばんは。

今日は、ヘラートのシルクの話なので、silk treeとも呼ばれるネムノキの写真を選びました。

ネムノキはアフガニスタンでも見られるとか。花が美しいですね。
ネムノキの花は、ダリー語でگل ابریشم(gul-e abreshoom; シルクの花)と呼ぶそうです。

  

ここ最近、日本でもマスクの手作りが話題になっていましたが、アフガニスタンでもシルクマスクの生産が報道されていたので紹介します。

 

元記事はこちらです。

「ヘラートの縫製工場、絹のマスク生産を開始」

tolonews.com

 

 

ヘラート州の場所

ヘラート州は、アフガニスタン西部に位置する州です。
西はイラン、北はトルクメニスタンと国境を接しています。
(下図のターコイズ色部分)

herat

出典:https://d-maps.com/carte.php?num_car=25962&lang=en(編集は引用者)

 

ヘラート州でシルクマスクの生産が始まる(記事 一部抜粋)

 

では記事の一部を見てみましょう。

یک کارگاه خیاطی در ولایت هرات از ۱۵ روز بدین سو تولید ماسک از تکه های ابریشمی را آغاز کرده است و تا کنون ۵۰۰۰ ماسک تولید کرده است.۱

 

ヘラート州のある縫製工場(こうば)は、15日から絹の布でマスクの生産を始めており、これまでにマスク5,000枚を生産した。

 

ریکا سادات، مالک این کارگاه خیاطی، می‌گوید در گذشته تولیدی لباس ابریشمی داشته است اما با شیوع ویروس کرونا تصمیم گرفته تا از تکه‌های ابریشمی ماسک بسازد.۱

 

この縫製工場の経営者レカー・サーダートは、以前はシルク服を生産していたが、コロナウイルスの蔓延に伴い、絹の布でマスクを作ることにした、と語った。

 

آقای سادات گفت:«ما تصمیم گرفتیم که ماسک بسازیم و تولیدی لباس را به ماسک تبدیل کردیم. یک قیمت آنرا که از نخ جور می کنمی برای مردم خودما و قسمت دیگر آن که از تکه ابریشم است برای فروش به خارج جور می کنیم.»۱ 


サーダート氏は語った。「私たちはマスクを作ることに決め、服の生産をマスクの生産に変えました。綿製マスクの価格は私たち民衆のためのもので、別の絹製マスクは、海外市場(※1)向けの販売用に分けています」

 

در کنار ریکا سادات، ۴۰ کارمند دیگر نیز سرگرم کار استند، مردان در کارگاه، و زنان از خانه‌های شان ماسک تولید می‌کنند.۱

レカー・サーダート氏と並んで、他に40人の従業員が作業に没頭している。男性は工場で、女性は自宅でマスクを作っている。

(出典:「ヘラートの縫製工場、絹のマスク生産を開始」、1399年牡牛座月18日付TOLOニュース記事。和訳は引用者。) 

 

元記事の写真には、女性が自宅で仕事をしている様子と、中国製のミシンが並んだ工場で男性が作業する様子が写っています。

女性が扱っているシルクの布はそこはこかとなく美しい雰囲気が漂っている気がします。
できることならもっと近くで見てみたいです。

 

※1:خارجは「国外、外国」の意味なので、この訳は「海外市場」としました。ただし、英語版の記事では「bazaar (市場)」と書かれていました。

 

 

محمد عارف، یک خیاط، در این باره گفت: «بخاطری که مریضی کرونا به کشور آمده، ما از ابریشم ماسک باکیفیت تولید کردیم و می خواهیم جان هم وطنان خود را با تولید این ماسک نجات دهیم.»۱

 

仕立職人のモハンマド・アーリフはこれについて次のように語った。「コロナの病気がアフガニスタンに入って来たため、私たちは高品質の絹製マスクを作っています。このマスクを作ることで同胞の命を救えたら嬉しいです」

 

میریاور، خیاط دیگر، در این باره گفت:«تکه ابریشم است و بسیار کیفیت شان بالا است و ما این ماسک را می سازیم و با قیمت پایین به فروش می رسانیم.»۱

 
別の仕立職人ミール・ヤーワルはこれについて次のように言った。「布は絹で、非常に高品質なものです。私たちはこのマスクを作り、安い価格で売ります」

 

به گفته این کارمندان در داخل ماسک از تکه نخی استفاده می‌کنند، که برای جلد صورت مفید است و همچنان این ماسک‌ها قابل شستشو هم استند.۱

 

この従業員たちの話では、彼らはマスクの内側に綿の布を用いており、顔の皮膚を保護するのに有効である。このマスクは洗濯することができる。

(出典:同上。和訳は引用者。) 

 

そういえば、 小5のダリー語教科書でも、ヘラート州のシルクの話が取り上げられていました。養蚕業が盛んなようですね。

蚕(かいこ)の話も出ていました。

蚕と言えば、小学校低学年の頃、家で蚕を育てる宿題がありました。
皆さんはどうでしたか?

おぼろげな記憶ですが、学校である程度育った幼虫を生徒がそれぞれ家に持って帰って、育て続けるというものでした。ある日、静かになったと思ったら繭になっていて、しばらくしたら、蚕蛾(カイコガ)になっていて驚愕。とても怖かった思い出があります。蚕は、そのまま家の外に元気よく飛んで行ってしまいました。

今となっては良い思い出ですが、これって今も続けられているのでしょうか?


養蚕業もそうですが、意外にもアフガニスタンと日本の共通点は多いみたいです。

ダリー語で、蚕はکرم ابریشم(kerme abreshom)(「絹の虫」という言い方)、繭(まゆ)はپیله (peela)でした。

 

単語表現

普段あまり読まない分野の記事を読むと、単語が増えますね。
以下に一覧を作りました。

ダリー語の単語、表現 発音  意味 
ماسک (maask) マスク
خیاطی (khayaatee) 縫製の
تکه (teka) 布、一部
ابریشمی (abreshumee) 絹の
نخی (nakhee) 綿の
کارگاه (kaargaah) 作業場、工場
خیاط (khayaat) 仕立職人
کارمند (kaarmand) 従業員
مالک (maalek) 所有者、オーナー
سرگرم (sargarm) 没頭して、忙しく
کیفیت (kaifyat)
قابل شستشو (qaabel-
shostusho)
洗濯できる

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。
では。

 

関連記事

www.daridaridari.com