dari dari dari

アフガニスタン、ダリー語について

アフガン産サフラン最高品質認定と、サフラン企業創業者の話

sunset

Free-PhotosによるPixabayからの画像

こんにちは。

皆さんは、ベルギーのブリュッセルに拠点を置く国際味覚審査機構 (International Taste Institute: ITI)をご存じですか。

この国際味覚審査機構は、色々な商品の味覚を審査しています。
日本でもソーセージなどの袋にメダル印のシールがついているのをご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

アフガン産サフラン 最高品質三つ星認定

この国際味覚審査機構( ITI)の2019年審査で、アフガニスタン産サフランが最高品質三つ星にあたる優秀味覚賞(Superior Taste Award)に認定されたそうです。

8度目の認定。凄いですね。

実際の記事ではこのように紹介されていました。 

اتحادیۀ زعفران‌کاران افغانستان، می‌گوید که زعفران افغانستان برای هشتمین‌بار به‌عنوان با کیفیت‌ترین زعفران جهان شناخته شده‌است.۱

به گفتۀ این اتحادیه، پس از ارزیابی‌های انستیتوت ذایقه که در بلجیم است، کیفیت زعفران افغانستان بالاتر از زعفران‌های دیگر جهان تشخیص داده شده‌است.۱


アフガニスタン生産者組合は、アフガニスタン産サフラン8度目となる世界最高品質のサフランに認定されたと述べている。
同組合によると、ベルギーにある味覚審査機構によって、アフガン産サフランが世界の他のサフランよりも上質であると識別された。

(出典:「アフガニスタン産サフラン 世界で最高品質サフランに8度目の認定 」、1398年射手座月29日付TOLOニュース記事。和訳、太字は引用者。)


アフガン産サフランの最高品質三つ星認定は、今回で8度目なのですね。
8度目、第8などの序数詞は、以前の記事م  (-om)をつけた形هشتم(hashtom)を紹介しました。この序数詞は名詞の後に置きます。

(例)8回目  بار هشتم (baar-e hashtom)

今回の序数詞は、上記とは別の形です。
مین (omin)を付けてهشتمین‌ (hashtomin)になります。
この序数詞は名詞の前に置きます。

 (例) 8回目   هشتمین بار‌ (hashtomin baar)  

بربنیاد داده‌های وزارت زراعت و آب‌یاری، از میان ۴۳۰ تُن زعفران جهان، هم‌اکنون افغانستان ۸.۱۵ تُن (۶.۳درصد) آن را تولید می‌کند.۱


農業灌漑省のデータによると、世界のサフラン430トンのうち、現在アフガニスタンは8.15トン(6.3%)を生産している。 

در حال حاضر، بهای یک کیلوگرام زعفران افغانستان در بازارهای داخلی تا ۹۰هزار افغانی است و در بازارهای جهانی تا ۱۴۰۰دالر.۱

現在アフガン産サフランの1キログラムあたりの価格は、国内市場で90,000アフガニー(約125,000円)程度、国際市場で1,400ドル(約153,000円)程度である。

(出典:同上。和訳は引用者。) 


高品質なサフランは国内外で高額取引されているようです。
以前、以下の記事でアフガン国内ほぼ全域でサフランが栽培されていること、国外への輸出が伸びていることを紹介しました。

今後、アフガニスタンの基幹産業になっていくような気がします。

www.daridaridari.com  

元記事はこちら。

「アフガニスタン産サフラン 世界で最高品質サフランに8度目の認定 」

tolonews.com

国際味覚審査機構(International Taste Institute: ITI)による認定サフラン 

さて、最高品質を認定したITIのサイトによると、審査は

「味の評価は独立したプロの専門家集団により行われます。製品はヨーロッパで最も著名な飲食関連協会所属の200人以上のシェフとソムリエで構成される審査員団により審査されます」

 ということなので、かなり厳正な審査のようです。

ITI公式サイト:https://www.taste-institute.com/ja/home


受賞製品
にsaffronと入れて検索してみると、該当のサフランがヒットします。

三つ星:Afghan Saffron Company
二つ星:米国企業のアフガン産Divine Healing Saffron、スペインのPina Saffron
一つ星:アフガニスタンのAladdin-spice社

この三つ星を取った会社の創業者の話を『フェアトレードのおかしな真実』(コナー・ウッドマン 著 松本裕 訳)という本で読んだことがあります。

フェアトレードのおかしな真実――僕は本当に良いビジネスを探す旅に出た

フェアトレードのおかしな真実――僕は本当に良いビジネスを探す旅に出た

 

どんな思いでサフランをアフガニスタンに根付かせたかが書いてあったので、引用しますね。 

Afghan Saffron Company創業者の話

 彼(ガファール・ハミザイ)はまだ24歳だが、すでにアフガニスタン有数の成功を収めたビジネスマンだ。ガファールの会社アフガン・サフランは、つい5年前(2007年頃)までアフガニスタンではほとんど知られていなかった作物、サフラン[アヤメ科の多年草。香辛料や着色剤に使用される]の国内最大の輸出業者だ。ガファールは、会社の一風変わった立ち上げの頃から、かねて壮大な計画を描いていた。
(出典:『フェアトレードのおかしな真実』、p.225、丸括弧は引用者補足)

「僕たちが提供しているのは『サフランのフルセット』と呼んでいるもので、球茎を売るだけじゃなく、サフランをどうやって植え、育て、収穫し、商品の状態にできたらどうやって売り込み、販売すればいいかまでアドバイスするんです」

(中略)

「今はここヘラートにつくった2か所の研究所で、サフランの検査と認証をおこなっています。最高のサフランをつくった農家には1キロあたり1500ドル、世界最高のサフランには2500ドルだって出しますよ」

(出典:同上p.226-227)


こうしたきめ細やかなサービスを提供しているからこそ、短期間で品質が改良されて、最高品質を獲得できているということなのかもしれません。

この本では、実際にアヘン農家からサフラン農家に転じて成功した人の話なども取り上げられています。その方曰く、

「それでもサフランのことを知らなかったから転換には消極的だった。だが他の農家がいい稼ぎを得ているのを見たら、自分たちもやりたくなった」

(出典:同上p.228)

良い収入が得られる作物があれば、自然と転換していく流れが生まれるのですね。

この本には、「フェアトレードって現地の人々にとって本当にフェアなの?」、「フェアトレードのロゴやメッセージがマーケティングツールとして利用されているのでは?」などの疑問を持つ著者が(アフガニスタンを含む)世界各地を取材した内容が纏められています。

明確な答えや結論が提示されているのではなく、読み終えた後にひとりひとりが考える材料をもらえる本だと思います。 

今日も読んでくださりありがとうございます。
では。