dari dari dari

アフガニスタン、ダリー語について

忍耐の味  طعم صبر

beach-lilac

Hans BraxmeierによるPixabayからの画像
2019年5月13日最終更新

 

こんにちは。

これまで何度か紹介してきたアフガニスタン3年生の教科書を引き続き読んでいます。

第29課では« صبر و تحمل » (sabr wa tahammol)「忍耐と辛抱」と題して、子供たちに忍耐と辛抱の重要性を説いており、そこで忍耐の味について書かれていました。

 

م- صبر تلخ است ولیکن بر شیرین دارد.م
(忍耐は苦いが甘くもある その実は甘い。)
م- صبر و تحمل کلید خوشبختی ها است.م
(忍耐と辛抱は幸福の鍵である。)
م- خداوند (جل جلاله) صابران را دوست دارد.م
(神は忍耐強い者を愛する。)

(出典:アフガニスタンの3年生のダリー語教科書58ページから一部抜粋、日本語は拙訳。)

 

忍耐は تلخ (talkh)「苦く」、 شیرین(shiiriin)「甘い」のですね。

私は今まで忍耐を苦いとも、むろん甘いとも思ったことはなかったので、初めて読んだときには少し意外に感じた表現でした。

過去に苦い経験とか、苦い思いをしたことはありますが、忍耐は、「長年の忍耐」とか「苦しい忍耐」とかの表現が日本語で考えているとしっくりくると思います。

皆さんはどう思われますか?


この「忍耐は苦いが甘くもある その実は甘い」というのは、堪え忍ぶことは苦しいことだけれど、最終的には人生の幸福につながります(甘さも味わえる)という意味に解釈しました。

もし別の解釈があればご教示いただけたら嬉しいです。

→コメントいただきました。教えていただきまして、ありがとうございます!

すみません、私、بر (bar)の意味を取り違えておりました・・・

このبر (bar)は「果実」、「成果」という意味なのですね。

またひとつ勉強になりました。このبر (bar)はきっと忘れないでしょう!
沢山間違えて、記憶に定着させたいと思います・・・
紫文字が追記部分です。)


言葉は本当に面白いです。ひとつひとつに発見がありますね。

では。 

※その他、この課で学んだ表現
بر ما لازم است تا ارزش صبر را دانسته و آن را سرمشق زنده گی خود قرار دهیم.م
(忍耐の価値を知るまで、忍耐を自らの人生の手本とすべきである。)
(出典:アフガニスタンの3年生のダリー語教科書57ページから一部抜粋、日本語は拙訳。)

م... را سرمشق قرار دادن (... raa sar-mashq qaraar daadan)
~を手本とする