dari dari dari

アフガニスタン、ダリー語について

ダリー語 学習テキスト

こんにちは。

今回はダリー語学習で私が使った(使っている)テキストを2冊紹介します。
 

ひとつは、amazon.comで注文したテキスト(英文)。

Dari As A Second Language: Your First Dari Words, Conversation, Reading and Writing, Grammar, and Vocabulary
by Sayed Naqibullah

 

amazon.comで「dari 」と入れて検索すると、
色々なテキストがヒットします。

これまで私が別の語学で挫折したポイントが、
分量が多く、文字が小さく、情報が細かいテキストを使用したことだったので、
この時は、分量がコンパクトで、文字が大きい、初心者向けのものを選びました。
アマゾンのレビューでも初心者向けとしてお勧めされていました。

アマゾンUSだとテキスト代15米ドルでした。(送料別。記事投稿時の情報です。)
日本のアマゾンでは現時点でかなり高額でした。

 

内容は、文字の読み方、単語一覧から始まり、徐々に文法の解説と短文の読解。
最後は長文読解です。

長文は、長い話をぎゅっと縮めたような内容になっているので、
展開が急すぎるような気もしますが、興味深いお話です。
(これから使われる方もいると思うので、内容は控えますね。)

解答・解説はついていません。

一通り演習した感想。
動詞の時制や活用なども勉強して、長文でも演習できたし、
基本的には良いテキストだったなと思います。

解答・解説がついていないので、
困ったときに質問できる人がいた方が良いかもしれません。

あと、文法用語が英語で書かれているので、
日本語の文法用語でいうところの何を指しているのか慣れるまで辛抱が必要です。

中を見たい方は、amazon.comで少し閲覧できます。

www.amazon.com

Dari As a Second Langauge: Your First Dari Words, Conversation, Reading and Writing, Grammar, and Vocabulary

Dari As a Second Langauge: Your First Dari Words, Conversation, Reading and Writing, Grammar, and Vocabulary

 

 

もう一冊は、縄田先生が書かれた厚めの文法書。
ダリー語文法入門』縄田鉄男 (著)

 

文字は大きめですが、分量は解答も含めて660ページ! 

上に書いたテキスト選びの基準と矛盾していますが、買いました。
選択肢があれば、薄いテキストを選びますが、仕方ありません。

日本語を母語とする人が日本語で書いた文法書だと
かゆいところに手が届くというか、
外国語としてダリー語を学ぶときの
躓きやすいポイントがおさえられている気がします。

(英語のテキストだと英語話者向けに書かれていますよね。
当たり前かもしれないけれど、文法書の執筆者と想定される読者によって
解説の視点が異なるのは面白いですね。)


この本は、本格的にダリー語を学ぼうと決めてからずっと探していて、
amazonでは中古版が超高額。

新書の在庫を書店経由で出版元に問い合わせてもらっても在庫切れとのこと。

行く先々で書店を回ってもなかったので、
べらぼうに高い中古を買うしかないか、と思っていたのです。

ですが後日、他県の書店で売られていました。
思わず「あった・・・!」と口に出してしまいました。
こういうことってあるんですね。
もちろん、即決で購入しました。

ダリー語文法入門

ダリー語文法入門

 

f:id:aya_dari:20190123122208j:plain

 

この文法書は1通り読んで、2巡目に入っています。
持ち歩ける大きさで、カバーを取ると緑地の装丁が美しい。
(行ったことはないけれど)アフガニスタンの春の山の色って
このような色なのかしらと思いながら使っています。

この文法書もこれから沢山書き込んで、マイ文法書にしようと思っています。
書き込んで作り上げていく過程がとても楽しいです。